悔いは残さない!小学生のうちに読解力を鍛えておこう。

読解力

最近になって子供の読解力が、かなり低下していると話題になっています。

読解力は国語だけでなく、算数や理科、社会とすべての勉強の基礎となるものですね。

つまり読解力がないということは、勉強嫌いにも繋がります。

また将来的にも、困ることが多くなりそうですね。

そこでなぜ子供に読解力が必要なのか、どう鍛えれば良いかまとめました。

スポンサーリンク

なぜ小学生に読解力が必要なのか?

読解力は読んで字のごとく、「読み解く力」です。
つまり国語などの教科書を読んで、内容を深く捉えることにあります。

しかし読解力が必要なのは、国語だけではありません。
小学校の勉強では、ほとんどの教科に当てはまります。

 

ということは読解力が乏しいと、算数の文章問題も解けません。
そればかりか社会や理科なども、苦手になってしまう恐れだってあります。

また長い文章を読むと途中で分からなくなり、斜め読みや飛ばし読みをしてしまいます。
その結果内容を理解することできず、自分の感想も文章や言葉で伝えることが出来ません。

 

そんなことが重なれば、文章を読むことも伝えることもますます苦手になってしまいます。
結局コミュニケーションが苦手になり、引きこもりがちになってしまいいじめの対象になりかねません。

そんなトラブルを回避するためにも、読解力は子供にとって必要不可欠なものといえますね。
お互いのコミュニケーションを、保つ上でもことさら大切な力だと言えます。

子供の読解力を鍛えるのには?

最近はスマホなどの普及によって、人とのコミュニケーションも簡単な会話程度で済ませてしまいます。
今の世の中情報は豊富でも、長文を読むと言う習慣がなくなってしまいました。

その弊害か教科書も文字だけを追いかけてしまい。
しっかり最後まで読まないので内容をよく理解しない子供たちが増えているそうです。

 

しかし、原因はスマホの普及だけなのでしょうか?
今は二世帯家族が減り、共働きの家族が増えています。

そんなことで家族の会話が少なくなり、それが読解力の低下に影響していると言われています。

 

一昔前までは、子供は生まれてくる前から、お母さんの声を聞いていたものでした。
母親は胎児のころからいろいろな言葉で、語りかけていました。

また産まれてからもお母さんは、赤ちゃんの目を見つめて優しく話しかけていました。
二世帯家族ではお爺さんやお婆さんたちと一緒に、家族全員が食卓を囲み楽しく会話を聞きながら成長してきました。

 

また寝るときにはお母さんが絵本を読んでくれ、愛情に包まれた育ってきたの一般的でした。
でも今はこの一般的な日常が時代と共に変わってきて、子供の読解力にも影響を与えてしまったようです。

一昔前子供の読解力を鍛えるには、家族の会話と愛情が一番の教育でした。

 

つまり本の読み聞かせ話をよく聞いてあげる。
と言う事が子供にとって、豊かな感性を育てる元となっていたのでしょう。

そうなれば子供は成長と共に様々な事に興味を持ちます。
ひとりで図書館にいき、情報を収集しさらに読解力を伸ばしていきます。

 

ここで読解力を鍛えるのに必要なことを整理してまとめました。

・家族でよく会話をする、また子供の話をよく聞く

・絵本などを読み聞かせる、また成長してからは興味のある本をプレゼントしてみる。

・読んだ本の内容について感想を聞いてみる、またテレビを一緒に観て感想などを言い合う。

このように読解力を鍛えるには、ただ本を読めば良いと言うことではないようです。

音読する事で文章の内容が頭に浸透してきます。
さらに感想を述べあうことで、内容を理解する能力も伸びると言えます。

小学生のうちに、作文の書き方はマスターしよう!
小学校の授業では読む、書くと言う事は基本中の基本です。 でも自分の気持ちを文章にして、表現すると言うのは大人でもむずかしいこと。 この記事は作文の書き方やその必要性などまとめています。

子供に読解力がつくと、未来は変わる!!

それでは子供の読解力が高くなると、どんなことが変わるのでしょうか。

家庭のあり方と子供の読解力には、密接なつながりがあります。
子供の読解力を鍛えるのに、家族の楽しい会話は必要不可欠だと言えそうです。

 

子どもに読解力がついてくると、親の言うこともよく理解できるようになります。
友達と遊んでいても的確に、受け答えができれば何の違和感も生まれません。

また友達とのコミュニケーションも円滑になります。
子どももそのような環境なら、引きこもりやいじめなどの心配も無くのびのびとした生活ができます。

 

また読解力のある子供は、一般的にも自分の意見を堂々と言える子供が多いですよね。
そんな子供なら学校でも、クラスの人気者になって素敵な時間を過ごすことが出来ます。

 

そればかりか、その先だって明るい未来が切り開け、有意義な人生に繋がることにもなりますね。

 

らくらく文章術ドリルを、塾やほかの学習教材と比較してみてください。
この教材は家計にとって、非常にやさしい価格設定となっています。

ふつう学習塾に通った場合、ひと月当り7,000円から2万円程度はかかります。
また通信教材でも、ひと月5,000円程度はかかってしまいます。

しかしこのらくらく文章術ドリルは、
2年間学んだとして、ひと月当たり908円しかかかりません。

 

またらくらく文章術ドリルは、
買取なので一度購入すれば、それ以上費用はかかりません。

何度でも繰り返し活用でき
お兄ちゃんが学ん後に、弟さんや妹も利用できます。

また兄弟姉妹同時に、学んでいくことだって出来てしまいます。
つまり一人分の費用で、家族全員が利用出来るというわけです。

 

ちなみにこのらくらく文章術ドリルは、子供だけの教材ではありません。
大学入試の小論文や、就活のエントリーシートにも活用できます。

とくに今は新型コロナで、在宅ワークがすすめられています。
そんな時メールのやり取りで、
話がうまく伝わらずイライラすることはありませんか?

そんな意思の疎通にも、このらくらく文章術ドリルの力は発揮されます。

 

社会人の方も、この教材を利用して文章力を鍛えてください。
在宅ワークもスムーズに、イライラが解消されます。

らくらく文章術ドリルは小学生から大学入試レベルまですべてを網羅して
2万1780円(税込み)です

読解力
スポンサーリンク
文章力のトレーニング