らくらく文章術ドリルが選ばれる理由!ほかの教材とは違う3つの特徴とは?

らくらく文章術ドリル

子供の学力は、誰も気になるものです。
だから子供は、塾に通わせてたい。

都会に住んでいるのなら、いくらでも有名な塾はあります。
でも近くによい塾があるかわからない。

実績もわからない塾に、通わせるのは少し心配。
また兄弟姉妹もいると、月謝も大変。

 

そんな心配を一挙に、解決できる方法があったとしたらどうでしょう?

 

いま一挙に解決できる、ウソみたいな学習教材が話題です。
それはらくらく文章術ドリル

あなたが悩んでいる問題も、
このらくらく文章術ドリルなら、一挙に解決してくれるかもしれません。

・一つの教材を兄弟姉妹でも活用できるということ。
・オンライン教材であるということ。
・家計に優しい価格設定であること。

その中でも特徴的なものを3つ紹介します。

スポンサーリンク

らくらく文章術ドリルは兄弟姉妹で活用できる

当然ですが学習塾は、一人ひとりが学習する環境になっています。
ですから兄弟だからといって、同じ授業を一緒に無料で受講することはできません。

もし同じ授業を受けるのなら、各自別々に申し込まなければなりません。
でもこのらくらく文章術ドリルなら、同じ教材を兄弟で利用することができます。

つまり極端なことを言えば
家族で全員で、らくらく文章術ドリルは利用することができます。

 

もし兄弟姉妹がいれば、この教材一つで学習することができるわけです。

でも疑問がわいてくると思います。
兄弟姉妹といっても、学年はバラバラなわけですね。

そこで同学年でもない、兄弟姉妹が
同じ教材で、同時に学ぶことができるのでしょうか?

 

当然の疑問ですね。
このらくらく文章術ドリルは、学年別で学ぶというシステムではありません。

らくらく文章術ドリルは
極端なことを言えば小学生から、社会人まで学べる教材です。

だからと言って、内容が薄っぺらではありません。
全600時間という学習内容が、きっちりと盛り込まれています。

 

もちろんこの教材おすすめは、まだ文章力が定まっていない小学生です。
また中学受験にも必要な、文章力や読解力を養うこともできます。

開発者の眞野先生の実績を見ていただければ、それは理解していただけると思います。

 

眞野先生は都内で、
あおぞら作文教室を主宰されて、数多くの受験生を合格に導いておられます。

そんな眞野先生の開発した
らくらく文章術ドリルをお手に取っていただきたいと思います。

 

眞野先生の実績は公式サイトで詳しく紹介しています。

らくらく文章術ドリルはオンライン教材

らくらく文章術ドリルは、どこででも学べるオンライン教材です。
当たり前ですが、塾に通う必要はありません。

ですから場所や時間は問いません。

 

小さなお子さんの場合、
遠い塾に、ひとりで通うとなると心配ですね。

毎回塾まで送り迎えするのは、
仕事を持つ父母にとっては、現実的とは言えません。

しかし一人で幼い子供を、通わせるのは忍びないものです。
とくに今は新型コロナで、子供といえどもいつ感染するか心配です。

 

そんな時このらくらく文章術ドリルは、
どこにいても学べるので、そのような心配事とは無縁です。

またオンライン教材ですから、
申し込めばすぐに、授業を受けることができます。

お手元にパソコンやスマホがあれば
申し込んだ瞬間から、すぐに学習を開始できるといっても過言ではありません。

 

またオンライン教材ですから、自分のペースに合わせて学習できます。
つまり理解できないところは、何度でも繰り返し学習することができます。

ですから途中でつまずいても、
理解できるまで学べ、分からないまま先に進むこともありません。

また全体像をつかむため、一通りざっと学習し、
改めて不完全だったところを学習し、知識を補うこともできます。

 

ですからこのらくらく文章術ドリルは、
自分の使い方次第で、たくさんの学習バリエーションができます。

通学スタイルの学習塾とは、一味違ったオンライン教材です。
出来ることは、アイデア次第ではいくらでもあります。

自分の学習進度にあわせ、楽しく学んでください。

 

たとえば中学生や高校生になると、電車通学の機会もあるかもしれません。

そんな時スマホなどあれば
通学時間や休み時間など、細切れの時間を活用して学習することもできます。

こちらの記事でも、らくらく文章術ドリルの特徴について紹介しています。

中学受験だけじゃない、らくらく文章術ドリルの目指すゴールは?
らくらく文章術ドリル。 この教材の目指すゴールは 受験の勝者になることだけが、目的というわけではありません。

らくらく文章術ドリルの家計に優しい価格設定

らくらく文章術ドリルを、塾やほかの学習教材と比較してみてください。
この教材は家計にとって、非常にやさしい価格設定となっています。

ふつう学習塾に通った場合、ひと月当り7,000円から2万円程度はかかります。
また通信教材でも、ひと月5,000円程度はかかってしまいます。

しかしこのらくらく文章術ドリルは、
2年間学んだとして、ひと月当たり908円しかかかりません。

 

またらくらく文章術ドリルは、
買取なので一度購入すれば、それ以上費用はかかりません。

何度でも繰り返し活用でき
お兄ちゃんが学ん後に、弟さんや妹も利用できます。

また兄弟姉妹同時に、学んでいくことだって出来てしまいます。
つまり一人分の費用で、家族全員が利用出来るというわけです。

 

ちなみにこのらくらく文章術ドリルは、子供だけの教材ではありません。
大学入試の小論文や、就活のエントリーシートにも活用できます。

とくに今は新型コロナで、在宅ワークがすすめられています。
そんな時メールのやり取りで、
話がうまく伝わらずイライラすることはありませんか?

そんな意思の疎通にも、このらくらく文章術ドリルの力は発揮されます。

 

社会人の方も、この教材を利用して文章力を鍛えてください。
在宅ワークもスムーズに、イライラが解消されます。

らくらく文章術ドリルは小学生から大学入試レベルまですべてを網羅して
2万1780円(税込み)です