夏休みの宿題!読書感想文はコピペでいいの?

文章力

読書感想文といえば、夏休みの宿題というイメージですね。

ふだん本を読まない人には、頭が痛くなりそうな課題です。

でも最近は夏休みの宿題向けにか、読書感想文を公開しているサイトもあります。

しかも公開している例文は、自由に使用することが出来るようです。

それなら例文をそのままコピペすれば、感想文も簡単に出来ますね。

でもこれで感想文を作ってしまって良いのでしょうか?

楽をしていると、ますます作文が書けなくなってしまいそうです。

読書感想文はコピペで簡単に書けてしまうけど!

小学校や中学校の夏休みは、宿題として読書感想文があります。
学校で出される宿題の中でも、これが一番面倒かもしれません。

 

読書感想文を書くには何か一冊、本を読まなければいけません。
でもふだん読書をしない人にとっては、本選びから大変ですね。

 

 

要領のいい人なら、薄っぺらな本を適当に選びます。
そのうえで本の末巻に書かれてある「あらすじ」などを丸写しにして・・・

それを感想文として、提出してしまう人もいます。

 

しかし今はそんな必要もありません
読書感想文の例文など、無料で使えるサイトが公開されています。

つまりコピペするだけで
簡単に、立派な読書感想文が仕上がってしまいます。

 

また子供の読書感想文を、親が代わりに書いていると言う話もよく聞きます。

 

本来、読書感想文の目的は、
子供たちに、本を読んでもらうことです。

そして読んだ本の内容を理解し、
自分なりの考えをまとめる、と言うところに意味があります。

 

つまりは読解力を養うことが、ポイントになるわけです。
それなのに簡単にコピペで済ませたら、読解力など養えるはずがありません

 

それではコペピの弊害はないのでしょうか?

コピペで書いた感想文の弊害は?

読解力は子供のころから、本を読んだり作文を書いたり
何度も鍛えることで、向上すると考えられています。

それが簡単に、コピペで済ませてしまったらどうなるでしょう。

 

いくら立派な感想文ができてもでも、これでは何の勉強にもなりません。
感想文をコペピで済ませていると、読解力が身につかないだけでは済みません。

 

社会人になってから、
自己紹介や会議の場で、説明することにも困ることになります。

これでは自分の考えを伝えることも出来ないばかりか、
相手の考えを理解する力も備わりません。

 

 

そんな未熟な社会人になってしまっては大変です。

困難なことに立ち向かい、それを乗り越えていく。
そんな経験もせずに、楽な方を選ぶことも今は出来てしまう世の中です。

何でも楽に済ませてしまえばと言う、
そんな考え方が、植え付けらないか心配になります。

 

せっかく学校という学ぶ場が、与えられているのです。
面倒と思っても、このチャンスをいかさない手はないですね。

 

 

しかし考え方次第では、
こんな便利なサイトはありません。

それこそこのサイトは利用次第です。
利用の仕方次第では、良い使い方も発見できるのではないでしょうか?

 

たとえば子供たちは、読書感想文を書くとき
何を、どのように、どんな言葉で書けば良いか悩みます

 

そんな時はこのサイトを、ありがたく利用しましょう。
開されている例文から、
言葉の使い方、書き方や順番などを参考にすればよい勉強になりますよ。

 

作文の書き方のコツなどはコチラの記事が参考になります。

読書感想文は自分の言葉で!

読解力はいろいろな場面で使うことがあります。

たとえば読解力は、本を読んで内容を理解するだけではありません。
人と話すときにも必要になります。

 

つまりどういうことかというと、
相手の気持ちを、理解するための必要不可欠な能力です。

 

そのため読解力を獲得するためには、
やはり文章に、親しむと言う事が基本になります。

まず新聞、小説など読み
その内容を理解、その上で自分のことばに置き換えてみる。

 

そこから何かを感じ取る、
そういう訓練することがポイントになります。

 

 

そう考えれば、
子供のころの読書感想文は、重要な役割を果たしていたことがわかります。

書く感想文の文字数は、少なくても構いません。
ポイントは、できるだけ自分のことばで書くということが大切なのです。

 

そしてそれがまた人間作りにも、大きく役立つことにもなります。
社会人になれば仕事だけしていれば良い、と言うわけにはいきません。

 

 

まず相手とのコミュニケーション作りは大切な仕事です。
たとえばコミュニケーション作りに、失敗してしまうと仕事のうえでも影響は大です。

 

それらすべてが、自分の人生にも大きく影響しています。
読解力が低いことで、つまらない人生を送ることにもなりかねません。

そんな人生を送らないためにも、
基本的な国語力、つまり読解力を鍛えることは大切だと言えます。

 


そうなると読書感想文はコペピで済ませることはできません。
つまり自分の力で、書かなけれないけないことになりますね。

 

コメント