作文の書き方は小学校高学年までに!

文章力

小学生のころ作文の課題で苦労しませんでしたか?

小学校の授業では読む、書くと言う事は基本中の基本です。

しかし自分の気持ちを文章にして、表現すると言うのは大人でもむずかしいことです。

まして低学年から苦手だったら、高学年になってもどのように書いたら良いかで悩むんでしまいます。

この記事は作文の書き方やその必要性などまとめています。

小学生に作文の書き方を、覚えることが必要なわけは?

作文は文字通り「文を作る」事です。
どんなにおしゃべりな小学生でも、自分の思っている事を文章にするのはむずかしようですね。

夏休みの宿題の絵日記も、親が手伝っているとよく耳にします。
小学生も低学年のうちは稚拙な文章でも、逆に個性があって面白かったりしますね。

でもこれが高学年になってしまうと、もう笑ってばかりはいられません。
たとえば低学年の絵日記のように、「きのう、花火をしました。おもしろかったです。」では困りますね。

高学年になってこれでは、何か問題があるのではないかと心配になってしまいます。
特に中学受験を控えているなら、真剣に考えなくてはいけませんよね。

また社会人になれば文章を書く機会も増えてきて、それによって人生も左右されかねませんね。
その意味からも言葉や文章で、自分の意見を表現できると言うことは必要な能力です。

そこで能力を得るための知識は、必要不可欠なツールなると思います。
そのツールを得るためにも、作文の書き方を小学校高学年までに身につけておきたいということになります。

作文にはコツなどあるのか?

自分の気持ちを口で伝える事はできても、その気持ちを文章で表現できる人は少ないと思います。
今はスマホの普及でメールなど簡単に済ませてしまいます。

作文などのようにまとまって、文章を書くと言う習慣は薄れてしまいました。
まして今は小学生の段階からスマホを持ち、ほとんどの場合ラインやメールで簡単な文章しか書きません。

そのため子供たちは作文としての基礎を、大袈裟に言えば学ぶべき機会を失ってしまったと言えそうです。
その弊害で高学年になっても、作文を苦手にしている子供が多いのではないでしょうか。

でも作文にはちょっとしたコツがあることをご存じでしたか?
まず文章をわかりやすくするための、文章術を身につける。

それだけで、まとまりのある文章を書くことができると言われています。
文章を書くときの法則として、起承転結という事を聞いたことがあると思います。

つまり物語の起こりとなるテーマが大切であり、文章の起こりがあって初めて話の進む方向性が見えて来ると言えます。

そしてテーマが決まったらその起こりに対する、説明や自分の考え気持ちなどを表現します。
次にその気持ちに対する展開によって話や文章に膨らみを持たせます。

最後は結果として、すべての文章や話を締めくくります。
文章や話はこの起承転結の配当比率によって、まとまりのある文章かそうでない文章かに別れてしまいます。

理想的な配当比率は、以下のような場合になります。

起・・・10%
承・・・40%
転・・・40%
結・・・10%

もちろんこのバランスにこだわる必要はありません
でも文章を書くうえまたは、話すコツとして覚えておけば便利かもしれませんね。

また、どうしても文章のイメージが湧かない場合。
テーマにそって思いついたことを、自由に書き留めてみる。

それをプラモデル組み立てのように、書き留めたパーツを繋ぎ合わせていく。
そうすると、まとまりのある文章ができあがるようですよ。

作文にしろ、話をするにしろ、一つのコツを覚えてしまうことです。
コツさえつかめば、まとまりのある文章も簡単に仕上げることができます。

でも作文で最も大切なものは、何より自由な発想が一番かもしれませんね。

作文が上手になると良い事がたくさんある!

作文が得意な子供を見た場合。
物事を深く考えることができるので、人の話も落ち着いて聞き分ける事ができます。

そのため授業中も集中して聞くことになるので、勉強もよくできる子供がが多いようです。

また作文は国語だけではありません。
社会や理科でも調べたことや実験の結果を、文章にまとめたりすることもあります。

また算数でも計算問題の他に文章問題があるのでめ、文章が得意になると勉強ははかどります。
この他にも良いことはたくさんあります。

・人と話をするのが上手になる。
作文が上手だと自分の考えも、頭の中で上手にまとめることができるので話し上手にもなります。

・受験生は苦労しなくて済む
高校や大学の入試問題では、作文の出題率が高いですね。
作文が得意であれば特に苦労せずに受験する事ができます。

・社会人になったとき得をすることが多い
社会人になると様々な場面で、文章にたずさわる機会が多くなります。

特に会議などは資料を作ること、説明をする場面が増えます。
そのとき、まとまりのある文章やよどみない説明がでれば、同僚や上司からも一目置かれる存在になります。

つまり作文が上手だと将来的にも優秀な人材と認められ、飛躍の機会も増えていきそうですね。

このように作文が得意ということは、物事を深く考えられるので人の気持ちを察することが出来ます。
また論理的に考える力が養われるため、リーダーシップのとれる器な大き人間にもなれますね。

 

人生を豊かにしてくれる らくらく文章術ドリル 作文教材
小学生から社会人まで、この教材ひとつで一生ものです。

コメント