読解力が必要な、中学受験は塾も必須 ?

読解力

年頃のお子さんをお持ちのあなた。

子供には将来、有名大学に進学してほしいと考えていませんか?

でも今や有名大学に進学するためには、中学受験は一つの選択肢になります。

しかし中学受験には、それなりの準備は必要です。

そのためには、進学塾に通わなければいけないのでしょうか?

中学受験に必要な力は、読解力といわれています。

そんな読解力を養うために、塾が必要かまとめました。

中学受験に塾は必要か?

中学を受験するのなら普通に考えても、進学塾に通った方が合格率は高くなります。
ですから中学を受験するのなら、断然塾に行った方が有利ですよね。

 

中学受験は首都圏の場合、大手進学塾から受験する児童がおよそ8割くらいを占めています。
超難関中学の合格者数などは、中学の発表よりも進学塾の合格者数の方が上回るというおかしな現象さえ出ています。

この場合考えられるのは大手進学塾の場合、自校で行う模試などの会員なども含まれているのだと思います。
当然意識の高い受験生であれば、各塾の模試を受けることは普通のことですよね。

 

また、途中で塾を移る児童もいるかもしれません。
そのように一度でも登録された塾生もカウントされることになるのでしょう。

ですから学校の発表よりも塾の発表の数の方が多くなるのでしょうね。

 

ここで考えていただきたいのは合格者の合計ではありません。
塾に通っている受験生が、圧倒的に多いということです。

つまり中学受験は、塾に行く方が合格率は高いという事実です。

 

進学塾は受験に特化していますから、塾それぞれのノウハウもたくさんあります。
ですから塾のカリキュラムに沿って学習していけば、中学合格の道はぐっと近づいていてくるわけです。

 

ですから何のノウハウもなく、自宅で勉強している受験生が太刀打ちしても勝てる道理はありませんよね。
それでは塾に行かなければ中学受験は諦めるしかないのでしょうか?

中学受験に読解力は必要なチカラか?

中学受験者の合格率は、およそ25%と言われています。
このうち首都圏の超難関校の場合、大手の進学塾の出身者で8割ほどの合格者で占められています。

もちろん塾は、この大手の進学塾ばかりではありません。
首都圏ばかりではなく、日本全国いたるところに進学塾はあります。

 

中学受験は超難関校ばかりではなく、中高一貫校もあれば国公立の中学もあります。
そんな中学受験は、塾に行かなければ合格することはできないのでしょうか?

当然、近くに進学塾のない地域もたくさんあると思います。
そんな自宅学習でしか受験することのできない受験生は、諦めなければならないのでしょうか?

 

また経済的に余裕のない家庭だってありますよね。
そんな受験生も、あきらめるしかないのでしょうか?

 

中学受験の要は、読解力にあるといわれます。
国語はもちろんですが、算数など他の教科でも読解力は問われます。

そもそも読解力がなければ、問題を解くことすらできません。
算数の場合でも、ただ計算が出来れば問題を解けるわけではありません。

 

受験問題は、計算式がただ並んでいるわけではありません。
計算問題で設問を読んでも、問題の意味が分からなければ計算をすることも出来ませんね。

数式を計算する算数ですら、問題を読み解く読解力が必要です。
算数でこれですから、ほかの教科はなおさらですね。

 

ですから中学受験をするのなら、まず読解力をつけることが先決です。
当然進学塾に通うのであれば、読解力をつけるために手とり足取り指導してもらえることでしょう。

しかし進学塾に通うことが出来なければ、お手上げなのでしょうか?
そこで自宅学習でも、読解力をつける方法を考えてみたいと思います。

塾に行かないで読解力をつけるには?

ここで考えていただきたいのは、読解力をつけるのはあなたではないということです。
つまり、実際に中学を受験するお子さんですね。

もしあなたに読解力をつけさせるノウハウがあれば、それを伝授してあげれば済んでしまいます。
しかしそんなノウハウを持ち合わせている方は、なかなかいるものではありませんね。

 

またあなた自身が読解力をつけたいのなら、ネットを検索して有益な情報を活用するという方法もあるかもしれません。

 

それにしてみても、一朝一夕にはいきません。
読解力をつけるのには、かなりの時間と努力が必要になります。

ですから読解力をつけさせるために、これをお子さんにさせることはほとんど絵空事になってしまいます。

 

そこで塾に行かなくても、読解力を養うために次善の策として通信教育があります。
もちろん経済面の負担は生じてしまいますが、塾と比べればまだ負担も軽くなります。

有名私立受験の進学塾の場合、費用の負担は年間50万円から100万円ほどかかるようです。
一方小学生通信教育の場合、ひと月2000円から8000円とリーズナブルに受講できるようです。

 

もちろん学年や教科で費用の幅が出ると思いますが、年間およそ10万円程度で受講できます。
このように通信教育でもたくさんの教室はあります。

当然ながらどちらの教室でも、たくさんのノウハウがあると思います。
自宅学習で中学を受験するのなら、次善の策として通信教育も一つの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

 

コチラにも参考になる記事があります。

小学生のうちから、読解力を鍛えておけば悔いは残らない!
最近子供の読解力が、低下していると話題になっています。 読解力は国語だけでなく、算数をはじめすべての勉強の基礎になります。 つまり読解力がないと将来後悔することにも・・・

通信教育の落とし穴とは?

中学受験で必要な、読解力をつけるための次善の策として通信教育を紹介しました。
しかし、経済的メリットの大きな通信教育にも意外な落とし穴があります。

もちろん通信教育には、大きなメリットがたくさんあります。
費用の問題はさておき、通学する時間が必要ありません。

 

あたりまえのことですが、どこでも学習をすることが出来ます。
いつでも好きな時間にいくらでも出来ますし、理解できなければ繰り返し何度でも学習することが出来ます。

 

しかし逆に、そのことがデメリットにつながってしまいます。
自宅学習ですから、強制されるという縛りがありません。

ですからやる気が無くなれば、いくらでもさぼることが出来てしまいます。
つまり強制力がないため、途中で放棄してしまうということも考えられます。

 

つまり通信教育は個人の意識と、やる気に依存することになります。
もし通信教育で自宅学習する場合は、あなたの関与が重要になって来ます。

つまり親子で一緒になって取り組んでいくことが、通信教育成功の秘訣といえそうですね。

 

今の時期、新型コロナで交通機関での通学も心配ですよね。
ですから経済的メリットも当然ながら、
お子さんの安全面からも、通信教育は一考の価値があるのではないでしょうか。

コメント