【知っていますか?】大人も読解力を鍛えないと損をするって!

読解力

大人でも、作文が苦手と感じている人は多いですよね。
学校からの連絡も、長文になるとよく分からない。

そんなお母さんも増えているようです。

読解力のない人は、コミュニケーションも下手
社会人としても損をすることが多くなってしまいます。

この記事は読解力がなくて困ることなどまとめています。

読解力がないとはどのようなこと?

小学生のころ通知表に「読解力がない」と書かれた経験はありませんか?
国語の時間にこの読解力と言うことば、たびたび出てきましたよね。

それでは読解力とは、どんなことを意味しているのでしょうか?
読解力とは文字通り「読み解く力」と言うことです。

簡単に言ってしまえば、正しく文章が理解できるということですよね。

すこし難しい言い回しになりますが、読解力は文部科学省のプログラムから抜粋してみます。

経済協力開発機構が実施する15歳児学習習熟度調査

「自らの目標を達成し自らの知識と可能性を発達させ、効果的に社会に参加するために書かれたテキストを理解し、利用し、熟考する能力」
と定義づけられています。

何か、分かりずらい文章ですね。
これこそ読解力がないと、理解できそうにありません

そんな読解力ですが、最近まで日本は19カ国中8位でした。
ところが近年15位と、過去最低に急落していることが話題になりましたよね。

長文を要約して内容を理解すると言う能力が、極端に低下しているようです。
そのせいか話をしても内容を要約できず、自分の意志を上手く伝えられないという人が増えています。

また相手の話も理解できないので、コミュニケーションも上手くとれずに様々な場面で損をしていることが多いですね。

読解力がないとこれだけ損をします!

長い文章を読む習慣がない結果、文章を途中で飛ばしてしまい全体の内容がつかめない。
つまり物事を、正確に判断できないことになってしまう。

相手の気持ちが理解できず、コミュニケーションが上手くいかない。
そうなると、周囲から浮いた存在になりやすい。

仕事をしても資料内容の理解度がひくいので、作業を効率的に進めることができない。

デートをしても相手の気持ちを推し量ることが出来ず、恋愛関係も上手くいかなくなる場合が多い。

つまり読解力がないと言うことは、話のポイントをずれて捉えているわけです。
そうなれば当然社会生活はうまくいかず、大切な恋愛も破綻することになりかねませんよ。

これからでも読解力は鍛えられるの?

いまはSNSなどを活用して、人とのコミュニケーションをとることが普通ですね。
そのせいか簡単な、会話だけのメールが多いようです。

自分の気持ちを、言葉で伝えることに苦手意識を感じる人が増えています。
また昔のように小説や新聞を、読むと言う習慣もない人も増えていると話題にもなりました。

そうなると長文を理解する能力が、かなり低下していると想像できますね。
スマホなどの普及で、読解力を身につけるべき小学生も、文章に触れる機会が少なくなっています。

それが大人になっても、読解力がないと言うことに結びついてしまいます。
読解力を鍛えることは大人になったら、諦めなければいけないのでしょうか?

いえそんなことはありません。
読解力は大人になってからでも、高めることはできると言われています。

なぜなら読解力は、日々の生活習慣から得られるものです。
そのため、活字に多く触れる機会を持つことが重要です。

ありふれた方法ですが読書は、能力を高めるためには最適な方法です。
ただ読むだけでなく内容を要約することを習慣づけることです。
そのように読書をすれば、早い段階でも期待が持てるようですよ。

読むときは飛ばし読みをやめて、全文をしっかり読むことが重要です。
文章を最後まで読み終えることで理解力も深まると言えますね。

読み終えた後は自分なりの感想を、書いてみることでさらに能力が高まりそうです。

読解力を鍛えると未来も変わる?

よく理数系と文系と言う言葉を耳にしますね。
理数系の人は一般的に、文章を書いたり読むことが苦手といわれています。

しかし理数系の人でも、読解力が苦手というわけでもないようです。
ただ気が付かないだけなのかもしれませんね。

読解力を鍛えたら
未来も変わるという話です。

ある理数系の人の逸話になります。
初めてはまった小説がきっかけで、読書をするようになりました。
それを機にどんな長文の内容でも、要約することが得意分野になるほど上達したそうです。

そればかりか友人たちとの会話でも、周りの空気を読み取る力もつきました。
また人の悩み話も聞けるほど、相手の気持ちを理解することが出来るようになったようです。

ですから読解力は遺伝などではないと思えます。
もともと授かっている能力とは、違うのではない
でしょうか。

だれでも学習すれば伸びていくものです。
伸ばせる能力なら、これからつけていきましょう。

読解力がなければ、数学や科学の問題も解けません。
読解力は、どんな分野にも必要な力です。

また読解力があれば・・・・、
人の気持ちを酌み取る事ができるので、コミュニケーションもスムースになります
しね。

 

人生を豊かにしてくれる らくらく文章術ドリル 作文教材
小学生から社会人まで、この教材ひとつで一生ものです。

コメント