稼ぎながら文章力を鍛える、クラウドソーシングは最強のアイテム!

トレーニング

文章力は本を読んでも、なかなか鍛えられるものではありません。

まったく活字から離れてしまうよりは、いいかもしれませんが効果は低いですね。

なんといっても文章力を鍛えるならアウトプットが一番。

つまり生の文章を書くことです。

しかしいきなり作文を書くにしても、きっかけがない始められません。

それに何を書いていいのか、題材にも困ってしまいます。

そんな時にとっておきの方法があるのです。

それはクラウドソーシングを利用するということです。

クラウドソーシングを知らない人のために

クラウドソーシングを知っている人には、この章は必要ありませんのでは飛ばしてください。

そもそもクラウドソーシングとは何なんでしょうか?

クラウドソーシング(英語: crowdsourcing)とは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語で、特定の人々に作業を委託するアウトソーシングと対比される。   出典Wikipedia

むずかしい定義はありますがぶっちゃけていうと、ネット上で仕事の発注と受注を橋渡ししてくれるサービスです。
普通ですと双方、面と向かって相手から直接仕事のやり取りをします。

しかしクラウドソーシングを通した仕事のやり取りは、お互いが会う必要もありません。
ですからどこにいても、仕事の受発注が出来るわけです。

 

クラウドソーシングの仕事内容は、プログラミングからデーター入力と多岐にわたります。
その中に、ライティングという項目もあるわけです。

つまりクラウドソーシングには、文章を書くというお仕事もあるということです。

 

またクラウドソーシングの登録は無料で、誰でも仕事を受注、発注することができます。

クラウドソーシングで文章力が鍛えられる理由は?

ざっくりとクラウドソーシングのことはご理解いただけたと思います。
ではなぜクラウドソーシングを利用すると、文章力が鍛えられるのでしょう?

クラウドソーシングでは、文章を書くというお仕事があるとことは先ほどお伝えしました。
これはクライアントさんが本人に代わって、何かしらの文章を代行し書いてもらうということです。

身近な例でいうとブログの記事を、クライアントさんの代わりに書くということです。
この際クライアントさんは、自分のブログに記事を書いてもらうわけです。

そのためにはある水準の記事を、書いてもらわなければなりません。
ですからライターさんには、クライアントさんが求める水準。
人が読んで、内容が伝わる文章が要求されるわけです。

ここまでお伝えすると「それなら無理じゃん」と思ってしまうかもしれませんね。
しかし安心してください。

仕事のやり取りする前に、一度クラウドソーシングを訪問してみてください。
そこにはクライアントさんからの依頼が、たくさん掲載されています。

たとえばブログ記事作成の依頼でも、初心者さん歓迎という文字がいくつも踊っています。
そんな依頼の場合は、それほどの文章力が求められているわけではありません。

また求められてるにしても、お仕事を依頼するに際して丁寧なマニュアルを作成してくれています。

それに沿って記事を書いていけば、それなりには書くことが出来ます。
しかしマニュアル通りに書いたとしても、クライアントさんが満足するとは限りませんね。

当然クライアントさんに基準に達していなければ、書き直しが要求されることになるのです。
つまりこれはどういうことか、理解いただけましたか?

そうなんです。
つまり自分の書いた記事に対して、ダメ出しをしてくれているのです。

丁寧なクライアントさんなら、記事を添削までしてくれます。
これこそ、文章力を鍛えるのに格好の場ではないでしょうか?

特に将来自分のブログを持ちたい、と思っている人には至れり尽くせりですよね。
文章の作り方から、実際ブログに上げる記事まで教えてもらっていることになりますからね。

今ブログを書いている人にとっても、クラウドソーシングは使って損にはなりませんね。

 

コチラの記事もいっそに読まれています。

文章力を鍛えるなら、ブログが最強という理由!
ライティングを鍛えるにはたくさん文章を書くことですね。 それでは文章を書くには、なにが効果的でしょう? 推奨するのはブログです。

クラウドソーシングはお金になる

クラウドソーシングで、ライティングが鍛えられることはお伝えしました。
ただ文章力を鍛えるだけではなく、書いた記事に対して報酬が発生します。

ですからプロのライターと同様、あなたも文筆家としての立場も手に入れられるわけです。
そんなことを想像すると何か楽しくなりませんか?

文章力を鍛えるなんて考えると、学生時代のつらい作業を連想してしまいます。

このように自分の書いた記事から、報酬が発生することを考えれば、ライティングにも張り合いが生まれますね。

またクライアントさんからの依頼は、テーマが決められてきます。
ですからあなたの知らない分野での依頼が、あるかもしれません。

そんなとき、知らないものは書けないと投げ出したくなるかもしれません。
しかし知らない分野だからこそ文章力も鍛えられます。

記事に対して調べていくうちに、語彙数も増えていきます。
また参考記事から、様々な言い回しなども学ぶことが出来ます。

それ以上に新しい世界を知ることも出来ます。
あなたの知らない世界や知識が、クライアントさんから依頼された記事から紡ぎだしてくれます。

つまりクラウドソーシングを利用すれば、
あなたの文章力が鍛えられるだけではなく、お金まで稼げることになるのです。

コメント